ボールの蹴り方のコツ 越智隼人 サッカー上達法 DVD 初心者 子供 一人でもできる 練習法

MENU

ボールの蹴り方のコツ

サッカーは力いっぱいボールを蹴っても、遠くへ飛ばしたり、狙ったところへいく訳でもりません。ちょっとした蹴るタイミングの取り方などを意識するだけでも変わってくるものです。
ここでは、そんなサッカーが上達するための、ボールの蹴り方のコツをお伝えしています。

ボールの蹴り方のコツ記事一覧

インサイド・アウトサイドのキックが上手く出来ていますか?インサイドキックは、足の内側を蹴るほうに向けることが正確に狙ったところへコントロールするコツですが、どちらかというと、蹴るというよりは足の内側を狙うほうに向かって押し出すという意識で行うと良いです。また、ボールを蹴る足とは逆の支えとなる軸足をしっかりさせておかないと、体がふらっいて思うように蹴ることができません。とは言え、あまりこうしなければ...

力いっぱいにボールを蹴っても遠くへ飛ばないという悩みはありあせんか?このような悩みは小学生のジュニア選手に多く見られますね。ボールを遠くに蹴るのに、何も足に凄い筋力がないと飛距離が出ないという訳ではありません。一番大切なのは蹴るタイミングなんですね。蹴る時に膝から下の動きを早くして、膝が伸びる直前で蹴るようにするのが、ボールを遠くへ蹴るコツです。ですが、蹴ったボールが飛距離がでない人の原因として、...

力強くキックしたい時などに、足の甲でボールを蹴るのがインステップキック。一方、地面とボールの間に足を入れるようにして、親指の付け根でボールを蹴るのがインフロントキックです。そして、まず、インステップキックのコツとしては、ボールに対して蹴る足が真下からではなく、やや斜めに入れて、足先で蹴るのではなく、足の甲でボールをしっかりとらえて蹴ることです。スピードをつけて走り込んできて、ボールに足を斜めに入れ...

ヘディングが上手く出来ますか?ヘディングは高くあがったボールをシュートしたり、パスが出来るので小学校時代に基礎をしっかり習得しておけば、後々とても大きな力になりますね。そして、ヘディングのコツとしては、ボールを良く見て、両手を大きく広げて体を反らし、広げた両腕を後ろに引いた反動で上半身を勢いよく前に振り、顔の正面のおでこでボールを押し出すように当てることです。この時に、おでこより上にボールが当たる...

低いボールを蹴ることが出来ていますか?低い速いパスや、浮きあがらないシュートが出来ないなど、ボールを蹴ると、どうしても浮いてしまうという悩みも少なくないですね。そもそも低いボールを蹴るには、ボールの奥に軸足をつかないと上手く出来ません。そうすることで、おのずと体がボールに被る姿勢になり低いボールが蹴れるようになってきます。そして、低くて威力のあるパスや、シュートを打つコツは、体をボールに被せるよう...

インフロントキックが上手き出来ますか?インフロントキックは、ボールの少し下を、親指のつけ根あたりですくい上げるように蹴るのがコツで、そうすることでボールを浮き上がらせることが出来るキックです。このインフロントキックがしっかり出来るようになれば、味方の位置や動きに合わせて正確なロングパスや、ゴールの隅などを狙うなどコースを狙ったロングシュートに使うことが出来ます。また、足の使い方や体の角度で、キック...

アウトサイドキックは、足の外側でボールを蹴るキックですね。その為、ある程度練習しないとサッカーを始めたばかりの子供には、威力やコントロールなど思い通りに蹴ることが出来ず、難しいキックと言えるかもしれません。そして、アウトサイドキックのコツは、蹴る時に足首をしっかり固めて、足の外側の薬指のつけ根あたりにボールを当て、膝の下の振りを速くして、ボールを押し出すように蹴るのがコツです。基本的なアウトサイド...

サッカーの蹴り方にはトーキックもありますね。トーキックは、足のつま先で蹴る為、ボールに当たる面積が小さいの、コントロールもつけにくく難しいキックです。少年サッカーでは、使う人が少ないように感じますが、試合が接戦になっていたり、相手が近くに来てボールを奪おとしてきた時に、パスを出したりシュートにも使えます。何よりトーキックは、小さな足の振りで、威力のあるボールを蹴ることが出来ますね。その為、シュート...

少年サッカーでは、一番にボールをミートすることを覚えることが大切と良く言われますね。そのもっとも簡単に上達出来る練習が、ゴールキーパーがボールを蹴る時に使うパントキックです。このキックは、ゴールキーパーが浮き球を処理をするのに基本の練習とされており、自分の手でボールを真下に落とし、ショートバウンドでボールを蹴ることです。これが上手く出来れば、体重がボールに乗って速いボールや遠くまで蹴ることが出来る...

トラップがしっかり出来ていますか?サッカーはボールの蹴り方をマスターすると同時に、向かってきたボールを手以外の体の一部を使って受け止めて、次の動き(プレー)に移りやすいようにボールをコントロールするトラップの練習もしなければいけませんね。そんなサッカーの基本となるトラップの中でも、一番使うのが軽く膝を曲げてボールの正面に向かい、足の内側(土踏まずの上あたり)でボールを止めるインサイドトラップです。...

足の裏でのトラップが上手く出来ますか?トラップの種類にも色々ありますが、ボールの落下地点で相手と競いあう場面などで、先にボールを触れたい場合などに足の裏のトラップを使います。ボールをしっかり見て、ボールの跳ね際を狙い、当てる方の足のつま先を少し上げてボールを呼び込むようにします。そして、浮かせた足でボールを止めますが、この時に跳ね上がってくるボールに対して踏みつけようとするとトラップミスを招くので...

ヒールキックが上手く出来ますか?サッカーでは、トリッキーなプレーとしてヒールキックは使われますが、相手の裏をかいてパスを出したり出来るので、子供の頃からしっかりマスターしておくと良いですね。また、強く速いボールを蹴る必要はなく、いかに小さいモーションで相手の意表をつけるかが大事になるので、蹴るというよりは、ビリヤードのように小さな動作で、かかとを使ってボールの中心を突くようにするのがコツです。そん...

足の内側(インサイド)を使ったドリブルが上手く出来ますか?サッカーはボールを運んでゴールに入れることが目的ですが、ドリブルは自分の足で触りながらボールを運べる、最も安全な方法と言えますね。その中でも、足の内側のインサイドで転がすドリブルは、もっとも安全で基本的なボールの運び方で、常に足元にボールがある状態で行うことがコツです。その為には足の内側の軽いタッチでボールを前に進めていくことです。何故なら...

ショートバウンドトラップでのボールのコントロールが上手く出来ますか?サッカーの試合では、ゴロばかりがくるとは限りません。バウンドしてきたり、浮き球が足元にくることもあります。このような時には、ボールが地面に落ちて弾んでくる上がり際であるショートバウンドで捉えるようにすることですね。そんなショートバウンドのトラップのやり方は、ボールガ弾むタイミング見定めて、足を斜め上から被せるようにするのがコツです...

リフティングが上手く出来ますか?サッカーの試合ではリフティングを使う機会は殆どありませんが、浮いたボールをコントロールする基本技術を身につけるには最適です。そして、大事なのは回数よりもきちんとボールをタイミング良く捉えてミートすることです。そんなリフティングのコツとしては、落ちてくるボールに足首を固めて膝を伸ばしながら蹴るようにすることです。出来るだけインパクトする時には足の甲を使い、つま先をやや...