キックの種類 小学生 越智隼人 サッカー上達法 DVD 初心者 子供 一人でもできる 練習法

MENU

キックの種類を小学生のうちに増やそう

サッカーの基本である蹴る技術は、小学生のうちにキックの種類を増やしていくと良いですね。
私も小学生の頃はあまりボールも蹴れず、遠くにも飛ばすことが出来ませんでした。

 

 

ですが、極端なことを言えば、サッカーはゴールキーパーの横までドリブルして転がして決めれば入るんです。
キック力は、体が大きくなってくれば筋肉もついてきて、おのずと上がるのです。

 

 

ですので、小学生の子供の頃に身につけておくべきなのは、キックの種類を覚えることや、状況に応じてどのようなキックをすれば効果的なのか、使い分けが出来るようにすることです。

 

 

何より、キックはボールを蹴る位置が少しずれただけで、シュートが入らなかったり、全く違ったところに飛んで行ってしまいます。
思いきり蹴ろうと力を入れすぎてしまうと、軸足が前に入り過ぎて重心が乗って、遠くに蹴るどころかぽてぽてになってしまいます。

 

 

そうした時に、何故そうなったのかを自分で考えるようにすれば、どんどんキックが上手くなっていきます。
そして、試合の状況によって、ベストなキックの種類を選ぶようにすることが大切です。

 

 

また、子供がボールに対して恐怖心を抱いていたり、上手く出来ないようなら、「怖くないよ」と言葉をかけるのではなく、親御さんは子供の体に触って蹴り方や止め方などを教えてあげるようにしましょう。

 

 

多くのなぐさめの言葉よりも、スキンシップすることで、恐怖心も半減されやる気も出てくるはずです。
そして、上手にボールを蹴ることが出来た時には、手を取り合って喜んであげれば、子供はとても嬉しいものです。

 

 

最近は昔に比べて、室内でゲームなどをする子供が増えたこともあり、親御さんの子供とのスキンシップが昔に比べて減っています。
サッカーを通じて、親子の絆を深めるいい機会にもなるでしょう。

 

 

なお、子供がサッカーが上達するには、やはり良いお手本が必要です。
市販されている本なども沢山ありますが、文章や写真などを見てやり方が分からないまま終わってしまうなら、映像で繰り返し見ながら、親子で楽しくトレーニングをした方がずっと上達が早いでしょう。

 

 

サッカー未経験のお父さん、お母さんも一緒に楽しみながら上達出来る練習法

 

越智隼人のサッカー上達法DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

インサイド・アウトサイドキックのコツ
サッカーが上達するには、インサイド・アウトサイドキックのコツを知りましょう。
ボールを遠くへ蹴るには?
サッカーボールを遠くへ蹴るにはコツがあります。今スギチエック!
インステップ・インフロントキックのコツ
インステップ・インフロントキックのコツを紹介しています。
ヘディングのコツ
高くあがったボールをシュートしたり、パスをする為に欠かせない、ヘディングの基本やコツを紹介しています。
低いボールを蹴るコツ
低いボールを蹴ることを知って、試合に生かそう!
インフロントキックのコツ
インフロントキックの基本を身につけて、正確なパスやシュートが出来るようになろう!
アウトサイドキックの蹴り方
サッカーが上達すえう上で欠かせない、基本のアウトサイドキックの蹴り方を紹介しています。
トーキックのコツ
サッカーが上達すえう上で欠かせない、基本のボールの蹴り方のコツや練習方法を紹介しています。
パントキックで浮き球の扱いに慣れよう
サッカーが上達すえう上で欠かせない、基本のボールの蹴り方のコツや練習方法を紹介しています。
インサイドトラップのコツ
サッカーの基本となるインサイドステップのコツや練習を紹介しています。
足の裏でのトラップのコツ
サッカーが上達すえう上で欠かせない、基本の足の裏でのトラップのやり方やコツを紹介しています。
ヒールキックの蹴り方のコツ
サッカーのトリッキーなプレーである、ヒールキックの蹴り方について解説しています。
足の内側を使った基本的なドリブル
足の内側を使ったドリブルは、もっとも基本的なボールの運び方なので、しっかりボールタッチをマスターしましょう。
ショートバウンドトラップのやり方
サッカーが上達すえう上で欠かせない、基本のボールの蹴り方のコツや練習方法を紹介しています。
リフティングのコツ
サッカーの浮き球をコントロールする基本技術が身につく、リフティングのコツを紹介しています。