ドリブル コツ 越智隼人 サッカー上達法 DVD 初心者 子供 一人でもできる 練習法

MENU

ドリブル上達のコツ

ここでは自由自在にボールコントロールして、敵陣を突破するドリブルのコツを紹介いています。

ドリブル上達のコツ記事一覧

スピードあるドリブルが出来ていますか?そもそもドリブルでスピードが遅くなる原因は、下向きにボールを見てしまうことです。したがって、ドリブルでスピードアップする一番のコツは、ボールを見ておこなわないことです。とは言っても、たまには見ることもあるでしょうが、基本的には進行方向を見ておき、ボールは視野の下でとらえるようにします。そして、腰を落として膝を柔らかく使い、足首を立ててアウトフロントでボールを操...

ドリブルでボールコントロールが上手く出来ていますか?サッカーのドリブルは直線だけでなく、相手ディフェンスを突破しチャンスを作る為に、ジグザグにボールをコントロール出来る技術も必要ですね。ドリブルをジグザグに上手くコントロールするコツは、ボールが足に絶えず触れているように意識して行うようにすることです。例えば、右足でボールにタッチし、そこかららボールが離れたら、もう一方の左足ですぐにボールをさわりに...

胸でのボールコントロールが上手く出来ていますか?腰から上に向かってきたボールに対しては、胸でコントロールすることで、次のドリブルなどのプレーに素早く移ることが出来ますね。したがって、飛んできたボールを出来るだけ弾ませないようにして、足元に持ってくることが大事です。その為には、左右の胸のどちらかの筋肉のある方で受けて、ボールの勢いを吸収して足元に素早く落とすことが必要です。ですが、胸の中心で受けてし...

サッカーのターンが上手くできていますか試合で敵にサイドに追いつめられた時や、自分の陣地で相手に背を向けてボールを取られないようにした時などは、出来るだけ少ないボールタッチで、安全に素早くターンし方向転換したいものですね。一番簡単なのは足の裏を使ったターンの仕方です。コツとしては、ボールに追いつく時に、足先で押さえようとすると上手くいかないので、全身でボールを寄せるようにすることです。そして、足の裏...

サッカーのドリブルを含めた全てのプレーには、状況判断が出来るようになれることが大切ですね。何故なら、試合中に状況判断をする力がないと、味方からパスが回ってこらず、ドリブルも出来ないのです。パスを出す側と受けて側の間に、相手の選手がいると邪魔されてパスが通りませんよね。その為、パスが試合中になかなか回ってこないというようなら、ボールだけに意識を置くのではなく、常に周りを見て状況判断をして、パスをもら...

両足のインサイドを使ってリズムよくドリブルをすることが出来ますか?サッカーで相手をかわして抜いたりする為の、方向を変える切り返しの基本となるのがインサイドを使ったドリブルです。インサイドは足にボールが当たる面が広いので、コントロールしやすく、小学生の低学年の子供でも相手をかわすには適していますね。そんな相手をかわすドリブルの切り返しの基本となるインサイドをマスターする練習としては、お父さんやお母さ...

サッカーで相手を抜く為の、基本の両足のアウトサイドを使ってドリブルが上手く出来ますか?このアウトサイドは左右の足のスパイクの外側を使って切り返すので、実戦でも使いやすく、インサイドと組み合わせると非常に効果的なので、子供のうちにしっかり出来るようになっておくと、その後の上達に差がつきますね。何より、体の向きと進む方向が違うので、インサイドより相手にドリブルを読まれにくいのです。このアウトサイドの練...

サッカーのドリブルが上手く出来ますか?子供の場合、最初のうちはボールを蹴って追いかけるようなドリブルになるでしょう。ボールを上手く扱えず蹴り方を間違えたり、力が入り過ぎてしまったりと、蹴り過ぎて遠くへ行ったボールを追いまわすところから練習が始まります。子供にボールコントロールを身につけさせるには、まずは利き足を使ったドリブル練習するのがお勧めです。というのも、サッカーではボールが足に吸い付くような...