ボールコントロール ドリブル練習 越智隼人 サッカー上達法 DVD 初心者 子供 一人でもできる コツ

MENU

ボールコントロールが身につくドリブル練習

サッカーのドリブルが上手く出来ますか?
子供の場合、最初のうちはボールを蹴って追いかけるようなドリブルになるでしょう。ボールを上手く扱えず蹴り方を間違えたり、力が入り過ぎてしまったりと、蹴り過ぎて遠くへ行ったボールを追いまわすところから練習が始まります。

 

 

子供にボールコントロールを身につけさせるには、まずは利き足を使ったドリブル練習するのがお勧めです。
というのも、サッカーではボールが足に吸い付くようなドリブルがが良いと言われているのです。

 

 

実際にメッシなどの世界の一流選手は、スピードに乗ってドリブルしていても常に利き足の前にあり、相手の選手からボールを奪われにくいのです。
つまり、きちんとコントロール出来る利き足からボールが離れないのが良いドリブルで、コツなのです。

 

 

その為、子供のドリブルの練習としては、利き足の小指辺りでボールに触るアウトドリブルから練習すると良いでしょう。
やり方は利き足の前にボールを置き、小指に乗せる感じでボールを押し出します。
これを繰り返して前に進みます。

 

 

この時には目標地点を決めて、そこに着いたら利き足の小指側でアウトターンして、スタート地点に戻るようにします。ボールが足から離れているとターンが出来ないので、ゆっくりでいいのボールをコントロールしましょう。

 

 

これが出来るようになってきたら、親指側も使って、小指側と交互にボールに触って同じように行います。
親指の付け根あたりで蹴る時には、力が入りすぎて強く蹴り過ぎてしまうことが良くあるので、足元からボールが離れないように力加減を意識して行いましょう。

 

 

最初は上手く出来なくても、利き足で何度もボールに触れるようにしていれば上達が早まる筈です。
これが出来るようになれば、自由にボールをコントロールが出来ている証拠なので、自分でドリブルでゴール近くまでボールを運んで味方にパスをしたり、自分でシュートが出来るなど、重要なプレーも出来るようになってくる筈です。

 

 

なお、子供は親から褒められるのが一番嬉しくそれがやる気にも繋がるので、お父さんやお母さんは、「子供が利き足で沢山ボールに触れることが出来た」「ボールが足元から離れなくなった」など、上達してきた時には褒めてあげましょう。

 

 

この【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法DVDでは、小学年の低学年からでも出来るボールをコントロールできるようにするためのドリブル練習も学べるので、最初のうちにしっかり基礎を身につければその後の上達が早くなるでしょう。

 

一人でできる、お父さん、お母さんも一緒に楽しくできる練習法

頑張って入るお子さんへのごプレゼントに最適です。

 

越智隼人のサッカー上達法DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

スピードあるドリブルのコツ
ドリブルが上達する為のコツを身につけて、実践に生かそう!
ボールコントロールのコツ
ドリブルが上達する為のボールコントロールのコツを紹介しています。
胸でのコントロール
胸でボールをコントロールすることは、素早くドリブルなどの次のプレーに移る為には欠かせない技術です。
ターンの仕方
ドリブでのターンの仕方を覚えて、試合で使おう。
状況判断の大切さ
ドリブルを含めたサッカーの全てのプレーに状況判断が必要不可欠です。 その為には、ボールコントロールを磨きましょう。
ドリブルのインサイドで相手をかわす練習
相手をかわすドリブルの切り返しの基本のインサイドの練習をお伝えしています。
ドリブルのアウトサイドをマスターしよう
ドリブルのアウトサイドをマスターして、実践に生かそう!