足が遅い子 越智隼人 サッカー上達法 DVD 初心者 子供 一人でもできる 練習法

MENU

足が遅い子はサッカーをするのに不利なの?

足が遅い子はサッカーをするには不利だと思っていませんか?
実はうちの子も小学生の低学年の頃から、友達に誘われて近くのサッカースクールに通っていたのですが、足が遅いせいかミニゲームなどですぐに諦めてしまうことが多く見られました。。

 

 

親の私としては、とてもやる気があるように見えなかったので、「辞めてももいいよ」と言うと「続ける」と言うのです。
それならと、気が済むまで続けさせたのですが、その後中学、高校とサッカー部に入り、レギュラーとして活躍してましたよ。

 

 

その頃を思い出してみると、うちの子はいつもボールを触っていました。
私が思うに、大事なのは家に帰ってからどんな練習をしたらいいのかということだと思います。

 

 

陸上の短距離走なら黒人の選手が実績を残してきているように、筋肉の質や運動神経など持って生まれたものが少なからず影響しています。
ですが、サッカーの世界では、足が速い選手が大成しているかというと、必ずしもそうではありません。

 

 

成功しているのはボールを扱う技術が優れた選手です。
実際にプロの選手でも足が遅いといわれる選手も少なくありませんが、彼らは試合の流れなどを読んで、周りよりも速く動き出すことで足の遅さをカバーしています。

 

 

スピードで相手を振り切れない時には、巧みにボールを扱ってドリブルしピンチを抜け出しています。
要は、技術や判断力を磨いていくことで、補うことが十分に出来るということです。
走る練習をすれば、いくらか速くなるかもしれませんが、サッカーではその時間を使ってボールに触っていたほうがよっぽど上達するでしょう。

 

 

いずれにしても、問題は、子供が家に帰ってきてから、どんなトレーニングをしたらいいのかということです。
意味のある練習することが、その後の上達に大きな差となってあらわれてくるでしょう。

 

 

一人でできる、お父さん、お母さんも一緒に楽しくできる練習法

頑張って入るお子さんへのごプレゼントに最適です。

 

越智隼人のサッカー上達法DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

スピードあるドリブルのコツ
ドリブルが上達する為のコツを身につけて、実践に生かそう!
ボールコントロールのコツ
ドリブルが上達する為のボールコントロールのコツを紹介しています。
胸でのコントロール
胸でボールをコントロールすることは、素早くドリブルなどの次のプレーに移る為には欠かせない技術です。
ターンの仕方
ドリブでのターンの仕方を覚えて、試合で使おう。
状況判断の大切さ
ドリブルを含めたサッカーの全てのプレーに状況判断が必要不可欠です。 その為には、ボールコントロールを磨きましょう。
ドリブルのインサイドで相手をかわす練習
相手をかわすドリブルの切り返しの基本のインサイドの練習をお伝えしています。
ドリブルのアウトサイドをマスターしよう
ドリブルのアウトサイドをマスターして、実践に生かそう!
ボールコントロールが身につくドリブル練習
ドリブルが上達する為のコツとは?身につけて実践に生かそう!
胸でのトラップのコツ
胸でのトラップのやり方やコツをお伝えしています。
ももでのボールコントロール
もものボールコントロールのコツを紹介しています。