体の動きにボールを合わせる 越智隼人 サッカー上達法 DVD 初心者 子供 一人でもできる 練習法

MENU

体の動きにボールを合わせる

サッカーというと、ボールの動きに体を合わせようと思っている人が多いかもしれませんね。
ですが、そうではなく、体の動きにボールを合わせることが大切ではないかなと思います。

 

ヒップホップDVD

 

良くサッカーが上手い選手というのは、「まるで足にボールが吸い付いているかのよう」という表現をされることがあります。
トップレベルの選手のドリブルを見ると、まるでボールがないかのように普通に走っているかのような感じをうけます。

 

 

こうした動きも、自分の体を思い通りに動かすことが出来ていて、それにボールを合わせているからに他ないと思うんです。
例えば、ボールを切り返して方向転換したら、自分の体の動きの許容範囲内で、次に足を出せる位置はおのずと決まってきますから、その位置にボールを置くようにするということです。

 

 

そうすれば、その選手の一番いいスムーズな流れの中でボールを持ち続けることが出来るのかなと。
これはリフティングでも同じで、ボールを蹴って上にあげたら、次に落ちてくる位置に足を置くのではなく、足が動く位置にボールを合わせるようにします。

 

 

それには、自分の体の動かせる許容範囲を高めて、それを正確に把握して、イメージした通りに体とボールを動かすことができるようになれることが必要なのかなと思います。

 

 

そうしたことから、一流選手というのは、体の動きにボールを合わせるのに長けているのかなと。
そこで、サッカーを始めたばかりのお子さんは、まずは自分の体をイメージ通りに動かせるトレーニングをしていくほうが、効率よく上達できるようになると思います。

 

 

体をイメージ通りに自在に動かせるようになれば、ボールは後から必ずついてきます。
そうしたことからも、やはりプロのトレーニングを小さい頃からやったほうが上達が早く、それだけライバルにも差をつけられるでしょうね。

 

 

お父さんやお母さんは、ぜひ、お子さん一緒に楽しみながら練習をして、効率よく上達するお手伝いをしてあげてください。('ω')ノ

 

関連ページ

スピードあるドリブルのコツ
ドリブルが上達する為のコツを身につけて、実践に生かそう!
ボールコントロールのコツ
ドリブルが上達する為のボールコントロールのコツを紹介しています。
胸でのコントロール
胸でボールをコントロールすることは、素早くドリブルなどの次のプレーに移る為には欠かせない技術です。
ターンの仕方
ドリブでのターンの仕方を覚えて、試合で使おう。
状況判断の大切さ
ドリブルを含めたサッカーの全てのプレーに状況判断が必要不可欠です。 その為には、ボールコントロールを磨きましょう。
ドリブルのインサイドで相手をかわす練習
相手をかわすドリブルの切り返しの基本のインサイドの練習をお伝えしています。
ドリブルのアウトサイドをマスターしよう
ドリブルのアウトサイドをマスターして、実践に生かそう!
ボールコントロールが身につくドリブル練習
ドリブルが上達する為のコツとは?身につけて実践に生かそう!
胸でのトラップのコツ
胸でのトラップのやり方やコツをお伝えしています。
ももでのボールコントロール
もものボールコントロールのコツを紹介しています。
足が遅い子はサッカーをするのに不利なの?
足が遅い子はサッカーに不利なのでしょうか? スピードよりももっと大事なものがあります。