ドリブル アウトサイド 越智隼人 サッカー上達法 DVD 初心者 子供 一人でもできる 練習法

MENU

ドリブルのアウトサイドをマスターしよう

サッカーで相手を抜く為の、基本の両足のアウトサイドを使ってドリブルが上手く出来ますか?
このアウトサイドは左右の足のスパイクの外側を使って切り返すので、実戦でも使いやすく、インサイドと組み合わせると非常に効果的なので、子供のうちにしっかり出来るようになっておくと、その後の上達に差がつきますね。

 

 

何より、体の向きと進む方向が違うので、インサイドより相手にドリブルを読まれにくいのです。
このアウトサイドの練習としては、インサイドと同様に1メートル間隔にマーカーを置いて、ジグザグに走ります。

 

 

左足のアウトサイドで切り返し、左足のインサイドで前に出て、今度は右足のアウトサイドで切り返し、右足のインサイドで前に出るというように、これを繰り返します。

 

 

この時にはボールを蹴ってない方の軸足を進みたい方向に垂直に踏み込んで、重心を前に倒しながらアウトサイド横に切り返した後に、サイドステップを踏んで体を移動し、同じ足のインサイドで前に移動するようにします。
アウトサイドでボールをタッチする時には、足首を軽く固めるようにすることで、蹴る強さと方向が安定します。

 

 

そして、ボールを前に出した後は、逆の足でアウトサイドで切り返すので、ボールの外側を回って追いかけるようにしましょう。
ただ、この時に気をつけたいのは、軸足がボールに近すぎないようにすることです。
お父さんやお母さんはチエックしてあげると良いですね。

 

 

また、サッカーの試合では、常に相手のプレッシャーの中でドリブルをして、相手にとられないように正確に速く進まないといけないので、親御さんが同じように後ろからスタートして、追いつかれた負けといったように、ゲーム性を持たせてやると、より楽しく練習出来るでしょう。

 

 

もし、お子さんがアウトサイドでボールを上手くコントロール出来ないようなら、ゆっくりとボール動かして、一つずつのタッチが出来るように、親御さんが軸足や蹴り足に触れて進む方向に向けさせてあげれば、ドリブルをイメージしやすくなる筈です。

 

 

なお、アウトサイドで右に切り返す時に、軸足の左足を左方向に踏み込んでおいて、右に切り返せば、相手への逆に行くと思わせるフェイントにもなります。
親御さんは子供に両足で出来るように練習させて、ドリブルのテクニックの幅を広げてあげましょう。

 

 

この【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法DVDでは、基本から少しレベルの高いステップや、ドリブルのフェイントなどの練習方法も分かるので、子供にサッカーをどう教えていいのか悩んでいるお父さん、お母さんには最適でしょう。

 

一人でできる、お父さん、お母さんも一緒に楽しくできる練習法

1年間がんばったお子さんへのご褒美にいかがですか?

 

越智隼人のサッカー上達法DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

スピードあるドリブルのコツ
ドリブルが上達する為のコツを身につけて、実践に生かそう!
ボールコントロールのコツ
ドリブルが上達する為のボールコントロールのコツを紹介しています。
胸でのコントロール
胸でボールをコントロールすることは、素早くドリブルなどの次のプレーに移る為には欠かせない技術です。
ターンの仕方
ドリブでのターンの仕方を覚えて、試合で使おう。
状況判断の大切さ
ドリブルを含めたサッカーの全てのプレーに状況判断が必要不可欠です。 その為には、ボールコントロールを磨きましょう。
ドリブルのインサイドで相手をかわす練習
相手をかわすドリブルの切り返しの基本のインサイドの練習をお伝えしています。