もも ボールコントロール 越智隼人 サッカー上達法 DVD 初心者 子供 一人でもできる 練習法

MENU

ももでのボールコントロール

ももでのボールコントロールが上手く出来ますか?
サッカーで腰の高さのボールを受けるにはももを使って行います。

 

 

片足立ちになって、上げた足のももの柔らかい部分を使って受け、軸足のひざを曲げてクッションにすることで、ボールの勢いを弱めることができます。
この時に体が後ろに反った姿勢で強いボールをももで受けてしまうと、自分の後ろにボールが跳ねてしまうことがあるので、背筋を立てて受けることで、ボールに勢いがあっても体に当てて前にボールを落とすことが出来ます。

 

 

そして、そのボールを利き足の下に置くことが出来れば、すぐさまドリブルなど次のプレーに移ることが出来るので、試合の中で有利です。
ですが、膝などの硬い部分で受けると大きく跳ねて遠くへ転がってしまうので、腰の高さのボールコントロールはももの筋肉がある柔らかいところで受けるようにすることが大切です。

 

 

また、飛んできた勢いのあるボールは、触る瞬間に軽く力を抜いて受けるのがコツです。
時には身を引きながらトラップすることで上手に扱えるようになれます。

 

 

更に、逆足に飛んできた浮き球も、立ち位置を修正して得意なほうの足で行うようにすることでラクに利き足の下に置くことが出来るようになれます。
親御さんは、ボールが跳ね返らなかったり、1回のボールタッチで利き足の近くにボールを置けたら上手になってきていると言えるので、ホメてあげましょう。

 

 

一人でできる、お父さん、お母さんも一緒に楽しくできる練習法

 

越智隼人のサッカー上達法DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

スピードあるドリブルのコツ
ドリブルが上達する為のコツを身につけて、実践に生かそう!
ボールコントロールのコツ
ドリブルが上達する為のボールコントロールのコツを紹介しています。
胸でのコントロール
胸でボールをコントロールすることは、素早くドリブルなどの次のプレーに移る為には欠かせない技術です。
ターンの仕方
ドリブでのターンの仕方を覚えて、試合で使おう。
状況判断の大切さ
ドリブルを含めたサッカーの全てのプレーに状況判断が必要不可欠です。 その為には、ボールコントロールを磨きましょう。
ドリブルのインサイドで相手をかわす練習
相手をかわすドリブルの切り返しの基本のインサイドの練習をお伝えしています。
ドリブルのアウトサイドをマスターしよう
ドリブルのアウトサイドをマスターして、実践に生かそう!
ボールコントロールが身につくドリブル練習
ドリブルが上達する為のコツとは?身につけて実践に生かそう!
胸でのトラップのコツ
胸でのトラップのやり方やコツをお伝えしています。